企業沿革

明治33年(1900年) 江夏芳太郎が都城市倉の馬場にて米穀・荒物・雑貨商を創業。
明治38年(1905年) 都城市上町2丁目に江夏商店を創設。初代社長になる
昭和 4年(1929年) 江夏芳太郎、都城商工会議所初代会頭に就任
昭和10年(1935年) 江夏真二が二代目社長として(名)江夏商店を設立
昭和29年(1954年) 江夏昇が三代目社長に就任。同時に社名を(名)江夏芳太郎商店に改名
昭和43年(1968年) 江夏産業(株)を設立。養鶏業を開始
昭和45年(1970年) 本社事務所を上町より現在の花繰町に移転し、社名を江夏商事株式会社に改名(売上高20億円)
昭和53年(1978年) ジャパンミート(株)クリーンファーム(株)を設立、食肉事業拡大
昭和63年(1988年) 江夏ヤス会長、藍綬褒章を受章
平成 4年(1992年) 江夏昇社長、黄綬紋褒章を受章
平成 6年(1994年) 江夏昇が会長に就任し、江夏俊太郎が四代目社長に就任
平成11年(1999年) 宮崎サンフーズ(株)を設立。ブロイラー処理・販売を開始グループ売上210億円、400名となる
平成13年(2001年) 酒類・食品卸売業務を移譲
平成19年(2007年) サツマチキンの事業継承(現さつま事業所) 生産体制 100万羽達成
平成20年(2008年) 都城単味飼料部門を移譲
平成21年(2009年) 江夏グリーン㈱(平成20年10月設立)へ肥料部門の業務を移管
平成28年(2016年) 東京支店開設
平成30年(2018年) 養豚部門を移譲
大阪支店開設
江夏俊太郎が会長に就任し、岩崎和也が五代目社長に就任

Copyright © enatsu.co.jp. All rights reserved.